イラストレーターの なかじまともこ(中島智子)です。

いよいよ、2月の22日よりOPA galleryで、私の鉛筆画での初個展が開催されます。

その制作が、段々とまとめの段階に入って来ましたので、どんな個展になるのか少し書きたいと思います。

個展を開催したい!と思っていた私が、OPA galleryさんのファイル募集を見かけたのは2017年の12月でした。
その時クリスマスのグループ展に参加していた私は、早速最近数年の作品をファイルにまとめ、提出に行きました。
それから約1ヶ月後に個展開催が決まりました。

鉛筆画の個展を決心したのは、、、

個展をするなら、まず鉛筆画で!と思っていました。
絵のオリジナリティってなんだろう?と試行錯誤していた時から、その追求として鉛筆画を描いていました。

「かわいい動物や女の子、男の子の登場する絵を、モノクロの鉛筆画で!」と決心した私は、2018年の梅雨前より制作を始めました。

鉛筆画のテーマは何にしよう?

まずテーマとして出て来たのが、「女の子の冒険」でした。

私は子供心を大切にしたいという思いも持って、イラストレーターの活動をしています。

このテーマは、「私自身の大切な思い」なのです。
冒険・アドベンチャーと聞いただけで、胸が踊る自分がいるのです。

テーマを冒険としたら、どんどん描きたい絵のアイデアが生まれて来て、約10枚の「女の子の日々の冒険」の絵が生まれました。

(その後作品は追加され、20枚ほどの作品を展示予定です)

展覧会の題名を決める。

展覧会のテーマは決まりましたが、題名は?

女の子の冒険を描こうと思い制作を進めて来ましたが、描いてみると以外に日常的なものが多いことに気が付きました(笑

「冒険」とイメージした時に、描く前は、めくるめくアクティブな感じかな?と想像していたのですが、出来上がったものは楽しい瞬間の絵が多かったのですね。

そうして、制作を始めて半年後に、展覧会自体の題名は「Moment of Happiness」に決定しました。

そして、その後の制作は、、、

それが面白いもので、女の子の冒険テーマ(日常)の絵がひと段落すると、今度はもともとの「冒険、アドベンチャー」の絵を描きたいという気持ちがムクムクと。

男の子も登場する冒険の絵や、ファンタジックな絵も生まれました。

そして、動物たちの絵も描きたい!

最近は女の子や男の子の絵が多いですが、もともと、絵を描き始めたきっかけは「動物が好き、かわいいものが好き」なのです。

動物の絵は、鉛筆画としては大きいB3サイズの絵を3枚描きました。

その他は、約25cm角から30cm角ほどの大きさの絵です。

鉛筆画のB3サイズの絵。

絵のサイズ感の変化、それがこの個展準備中の収穫です。

小さい絵が簡単、ということはないですが、絵が大きくなると考えなくてはならないことが増えて行くのです。

それは、絵の舞台設定(背景やムードを含む)、登場する人間や動物をどのくらいのサイズにしたら描きやすいかなどなど。

あとは、大きくなって、見ていて退屈な絵になったらもったいないですし、描いていて自分がつまらないといい絵になりません。

そして、今回のB3サイズの大きい絵に関しては、特に、「見て楽しい絵」を意識して描きました。

私の感覚なのですが、B3サイズの絵は、小さな絵4〜5枚分になる気がします。

個展の開催まで2週間を切りました!

皆さんに見ていただくのが楽しみでなりません。
どうぞ遊びにいらしてくださいね。
お待ちしています。

以下、展覧会情報になります。

中島智子個展 「幸せな瞬間」Moment of happiness中島智子個展「幸せな瞬間」Moment of happiness
2019年2月22日(金)ー 2月27日(水)
11時~19時(最終日は17時まで)
OPA gallery
http://opagallery.net
OPA galleryのGoogleマップはこちら

優しいタッチの鉛筆画で女の子や動物たちの世界を描きました。
「幸せな瞬間」は、いたるところにありました。
普段の生活や小さな冒険、ファンタジー、物語の中。
描くほどに、その世界が広がって行きます。

プロフィール
イラストレーターなかじまともこ(中島智子)
東京造形大学、セツモードセミナー卒業。
子どもや動物、物語の絵を描いています。
鉛筆画の個展は今回が初。

会期中は毎日ギャラリーにおります。
皆様にお会い出来るのを楽しみにしております。