鉛筆画での個展開催(2019年2月)の後、作品作りについて少し悩んでいる私がいました。

しかし、その後オーダーを受けて、今、新しい鉛筆画を描いているのですが、びっくり!

鉛筆は軽いし、何しろ楽しいのです!

あの約20枚の絵と真剣に取り組んだ成果が出ています〜!

今回はオーダーで、描く内容はある程度決まっているし、ありがたいことに私の作品が良いと言って下さって頼んで頂いているので、自由度もあります。

似顔絵も含んだ絵と、可愛い絵も描きます。

オリジナルとは違う楽しさです。

実は2月の個展への作品作りに取り組んだ後、進歩を感じたことがあるのです。

それは「顔を描くこと」にハードルが低くなったこと。

「オリジナリティのある顔の描き方」を、発見したと感じられたこと。

描く人、見る人は分かると思うのですが、絵は作者に似ます。

自分の顔や、家族の顔、家系の顔がどんどんと出てくるのです(笑

この間、可愛く描けたなと思って母に見せたら、絵の顔が母にそっくりで目を疑いました!(本当にびっくりしました!)

沢山の女の子や男の子の絵を描いたことによって、自分の顔も許せる様になってきた気がします。

また、同時に自分とは似ていない顔を描くのも、新鮮で楽しくなってきています。

個展後は、売り込み用に線画のサンプル作品を主に製作していたのですが、それも顔を描くのが楽しくってたまりません〜。

いかに、私らしい顔を描くか、ワクワクしています!

今回オーダー頂いた絵は、お客様のお仕事のホームページに載せる絵です。

頑張って描いて、皆さんにお見せするのを楽しみにしています!

ひよこクッキー イラストレーター なかじまともこ(中島智子)
「ひよこクッキー」
2019年個展作品に着彩